広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告 費用対効果を考えた時に、反応率をどれだけあげられるかということを考えると思います。
1万枚のチラシを配布して、どれだけの人が来店に繋がるのか、購買に繋がるのかを考え
ていくと0.5%なら50人が反応してくれることになりますが、1%まで上がれば倍の100人が
来店してくれたりするわけですから、大事な要素ですよね。

そのためにどうやって反応率をあげるか、デザインや配布方法など試行錯誤していくこと
で反応を高めていくようにしていっていると思います。
実際にはこれをまったくやっていないところの方が多いようですが、本来は改善していく
ことである程度は反応率があがってくるはずです。

改善すべき点はどこなのかというのは、何度も繰り返し行わなければ分からないというこ
ともあって、そこに時間を割くことを諦めている、もしくは面倒だと思っているという人
が多いわけです。

改善する時に計画、実行、評価、改善というふうに繰り返し行うことは、チラシだけに言
えることではなく経営にも使えるPDCAサイクルと言われる方法ですので、計画がある
程度間違っていたとしても実行した結果、評価が悪い部分を何度も改善を繰り返していく
ことでどんどん良い物になっていくということです。

広告 費用対効果はこのような繰り返しによって伸びて来るはずです。

広告 費用対効果は継続してチラシを出したりすることで、改善していくことが可能にな
ります。

この効果が高くなるということは、前回も書いたように認知度、知名度もあがってきてい
るということにもなります。
この知名度をあげるという効果は、何もチラシを何回も出し続けるというだけではなく、
それ以外でも効果を上げることは出来ます。

よく地元には何店舗もあって、全国でも有名なチェーン店だと思っていたら、引っ越しし
た先ではまったく店舗もなく、他の人も知らないといったことがあります。
それは地元に何店舗も作ることで地域での知名度があがることによって、全国にもあるん
だろうと錯覚してしまうわけです。

戦略的にそういった方法を行っている店舗は数多くありますよね。
飲食店やスーパーなど地域に何店舗も出しているところは結構あります。
知名度があるということは信頼感も生みやすくなりますから、売り上げがあがる効果も期
待できるわけです。

もちろん、何店舗も出店できるお金が必要になりますので、誰もが出来るというわけでは
ありません。
広告 費用対効果をあげていく方が、はるかに少ない金額で行うことが出来ます。

まずはチラシなどで効果をあげて、いずれは多店舗展開なども考えるようになれば良いで
すよね。

広告 費用対効果を考えたときに、ブランド力をつけるという部分は切り離せません。
広告宣伝をするということは、商品が売れるようにするために宣伝を行うわけですが、
宣伝をしたからと言って、すぐに効果が上がるとは限りません。

値段的にどこよりも抜きんでて安いとかがある場合は別ですが、消費者にとってそこで
買う価値があるか、もしくはその商品を買う価値があるかということを宣伝しなければ
なりません。
もちろん広告にはうちで買うとこんなに良いことが…という謳い文句を入れたりしますが
それが信用に足る言葉かどうかというのは分かりませんよね。
良い宣伝文句が書いてあっても信用、信頼がなければ購入にまでは至りません。

ですから、広告も一貫性を持たせて何度もうたなければなりません。
何度も同じような情報を見ることで、人は以前に見たことがあるという記憶が呼びおこされ、
記憶にあるものだから信用できるという風に判断していくのです。
記憶に残す戦略を行うことで広告費用対効果もじょじょに高くなってきます。

いつものお店なら安心して買い物ができますよね。
もちろん大手で知っているお店であれば、記憶にあるわけですから尚更初めて入るお店でも
安心感を感じるわけです。

イメージのための広告も考える必要があると思いませんか。

景気が悪いという話は多く聞きますが、コンビニチェーンの売り上げが3兆円を超えたなんて言う話もあって企業によって明暗がわかれる形になっていますね。
コンビニは東日本大震災で、高齢の方も利用するようになったとも言われています。
客層が広がったことによりあらゆる層から支持を受けている状況になったわけです。

そして企業努力もかなりのものがあると思います。
ひとつひとつの商品の売れ行きを把握して、売れない商品は排除していくことにより狭い売り場でも売れる商品を並べることが出来るわけです。
分析することで売上を伸ばしてきたと言っても過言ではありません。

広告 費用対効果という分析をしなければ、良いチラシ作りは出来ませんね。
どんなにデザインが良くて、キャッチコピーも良く、中身が良いものが出来上がっても、配布先が悪ければ効果は出ません。

10万枚ものチラシを作ったとして、新聞折込で配布をしたとしても配布エリアが広すぎて商圏から外れたところにまで撒いてしまっても、そのぶんは無駄になってしまいます。
配布エリアも考える必要がありますよね。

また、新聞購読をしていない人達にはどう届けるかなども考える必要があります。
ですから毎回エリアのことであったり枚数、配布方法も分析する必要があるのです。
広告は費用対効果を分析して作成していきましょう。

広告の費用対効果を考えながら広告チラシは継続して出すことが必要なことですが、継続して行うということはその効果を
高めていく努力も必要なことです。

意外とこういった努力をしていないところが多くあります。

小さいお店に限ってはチラシや広告を出すだけの余力がないということもあって、まったく宣伝すら行わないところも
あります。

そうなるとジリ貧になるところも多く、年間に潰れていくお店が多いというのはこういったところにも原因があるのです。

そしてただ単に広告を出しているだけというところも多くあり、せっかくチラシを出しているのに思ったような
効果が出せないなんてこともあるのです。

広告 費用対効果を考えなければならないことは再三書いていますが、新年になったということもあり、
もう一度考えてみましょう。

毎回同じチラシを作って、同じように、同じ場所に配布しているだけでは現状維持になってしまいます。

いろいろ工夫が必要であり、工夫した結果、どうなったかを確認して改善点があれば改善していくことが大事なのです。

前回と変えてどう売上や客数がどう変わったか、それを考えて次回はどう変えていくのかということをチラシを
出す際にはいろいろ考えて新年はスタートしてみてはいかがでしょうか。

広告で費用対効果を考える場合、どうしてもかけた費用よりも売り上げが多くなることが
大事であることから、かけるべき費用を削ってしまうということがあります。
広告の効果は知らない人に認知してもらうことが重要であるのに、広告の費用を削ってい
くと最終的には部数を減らすということに繋がって行きます。

もちろんそれが、データに裏打ちされてエリアの選定がうまくいった結果、エリアを絞り
部数を減らしたのであれば問題ありませんが、ただ単に経費削減という名目のためだけに
部数を減らしてしまったのでは経費の削減とともに売り上げの減少にも繋がりかねません。
ですから効果を検証していくことが重要なのです。

あらゆる要素がある中で何をその指標として良いのか分からないということがありますが、
それは広告に掲載した商品が、どのように広告を入れたことによって変動したのかなどで
も測ることが出来ます。
広告と商品を紐づけて考えるわけです。

もちろん広告を入れない場合の数量も把握しておく必要があります。
そして客数が増えているのかなども単純な指標になりますよね。
商品の売れた数、客数の増減だけでも効果をはかるべきデータになるわけです。
エリアに関してはお客様がどこから来られているかというのは個人情報を扱うような業種
でなければ難しい部分があります。

ですから毎回配布エリアを少し変えてみることでなども必要になってきますね。
このようにあらゆる要素を考えながら広告の費用対効果を検証していくのです。

広告の費用対効果を一番分かりやすいのがインターネットを使った広告だと思います。
インターネットの場合はクリックされた回数と売れた件数で効果が分かります。
またインターネットの場合はデータ化されていますから、例えばホームページを訪れた人
がどこの県の人であるかということも設定をしていれば簡単に把握することが出来ます。
また、インターネットの広告の種類にもよりますが、中には一定の県だけに表示させると
いうことも出来るのです。

例えばお店は大阪にあるので大阪府の人のパソコン画面にしか広告がでないようにするこ
とも出来るのです。
逆に言えば、日本だけでなく世界中の人のパソコンに表示させることも出来ます。
世界を相手に商売することも可能なのです。
インターネットをつかた産業は日本国内だけでも自動車産業をも超えている状況なのです。

ですから紙触体とした広告は地域に根差した宣伝を行い、インターネットでの広告はより
広くの宣伝で使うということです。
もちろん情報発信がすぐに出来るという点では、紙触体とインターネットをコラボして使
うことが大事になってきます。
広告の費用対効果のおかげでインターネットの世界では現実には小さい店舗でも相当な
売上をあげているお店もあるのです。

広告の費用対効果をどうやって分析するかということは業種によっては難しいということ
を書きましたが、逆に業種によっては分析しやすいところもありますね。
分析が難しい業種は不特定多数のお客様が来店するような店舗でチラシの効果でどの人が
来店しているかわからないような小売店などが難しいとも言えます。
もちろん客数などからアバウトには割り出すことが出来ますよね。

逆に簡単な業種というのは会員制などや通信販売など顧客情報が手に入るものは分析しや
すいと思います。
会員制であれば会員獲得数がチラシによるものなのか○をつけるだけにアンケートを用意
すれば簡単に把握することができますよね。
通信販売の場合はチラシを入れたエリアなどから割り出すことも出来ますし、顧客情報を
データベースにしていれば新規顧客なのかということはすぐにわかります。
少なからず個人情報を扱うところではデータ化しやすいということから分析も容易になり
ますね。
このように業種によって違いがありますが、細かく分析するためにはいろいろな手法があ
ります。
例えば2つのチラシを用意して同じ日に配布してみると反応が良いチラシという違いもわかります。

そのぶん時間や費用がかかりますが、どんどん改良していくのは、広告の費用対効果をあげて
いくには大切なことだと思いますよ。

広告の費用対効果を前回書いた認知度アップの例でピザ屋さんの例を書きましたが、私もつい先日、なんとなく
ピザが食べたい気分だったときに、ポストにピザのチラシが入っていたので、頼んでしまいました(笑)

まんまとピザ屋さんの戦略にはまったわけですね(笑)

もちろん食べたいと思った時に、運よく私の家のポストに入っていたことでそこに頼みました。

実は競合他社のチラシも以前に入っていたのをとっておいてあるのですが、そのたまたま運よくということで、
そちらのピザ屋さんに決めました。

さて、広告の費用対効果からは少し脱線してしまいましたね。

以前にインターネットの費用対効果について書きましたが、インターネットの場合は情報が簡単に集計できるので
細かい分析が出来るということで非常に効果をみるのに有効な広告だと言えますね。

これが実際の店舗で広告はチラシとなると、その効果をはかるのは結構大変だったりします。

なぜなら誰がどこから何を見てきたかという情報源がないために、チラシの効果で来客しているか判断が
つかないからです。

チラシの効果で来客が増えたのかは、同じ曜日などの来客数と比較する必要がありますが
これも正確な数字とは言えませんよね。

天候などによっても来客は左右されるものですからね。

広告の費用対効果を考えると、単純に広告を10万円かけたら通常よりも10万円以上の利益を得ることが出来れば効果が
あったとされます。

これが100万円かけて120万円の利益があったら100万円かけたほうが効果があったとされます。

これは単純な話になりますが、得てしてチラシを出すときはこういった単純な思考で考える人も多く、いくらお金を使ったから
それ以上の利益が出ないと効果が無かったとして、その広告を辞めてしまうことが多々あります。

もちろんお金を使ったいじょうは回収したいと考えるでしょうし、その効果がどれほどあったかも考える必要があります。

しかし広告の効果は認知されるという効果も含まれているため、自店の認知度アップということにもなるのです。

もちろん最終的に購買に繋がらなければ意味はありませんが、その効果がすぐにあらわれる訳ではないこともあるのです。

ピザの広告が入っていたとしても、その時にピザを食べたいと思っていない人は購買に結びつくことはありませんよね。

しかしピザが注文できるということは認知されますよね。

ということは、いずれ食べたくなった時に注文が入るかもしれません。

このようにすぐに結びつ広告の費用対効果だけではないということも考えなければなりません。