広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告 費用対効果を考えることはビジネスをする上では必要不可欠だと思います。
ビジネスというのは利益を出すことが大事ですが、その利益を出すためには宣伝効果とい
うのは非常に重要な役割を果たします。

例えば、飲食業界大手の会社でも朝の時間帯に関しては広告宣伝が弱かったというような
発表をしたこともあり、その後朝の時間帯の宣伝を強化するということも言っています。
ようはどんな大手であっても、こんなことをやっているよということを多くの方に知らせ
ることが出来なければ集客も弱くなり、当然売上も落ちるということにもなります。
どんなに安く販売してますといっても、一部の人しか知らなければ多くの集客、売上は見
込めませんので当然のことですよね。

そこに行けば何か安いものがあるかもと思うようなお店でも、例えば周辺の人が転勤、引
越などで入れ替われば、当然知らない人も増えてくることになります。
いつまでも周りに知ってくれている人がいると思わない方が良いということです。
常連のかたがいたとしても、遠くへ転勤になれば当然来ることは出来なくなります。

広く、多くの方に知って貰う。
そして広告 費用対効果があがるように工夫していくことが非常に大事なのです。

広告 費用対効果というのは、広告を出したことによってどれだけの効果が生み出せたの
かということになりますが、当然ながら広告の費用対効果というのは広告の媒体によって
も変わってきますし、チラシなどであれば配布方法でも影響が変わってきます。

テレビなどに取り上げられると、ものすごい宣伝効果があることはわかりますよね。
当然ですがテレビCMではなく番組として取り上げられた場合はもの凄い反響がくること
があります。

飲食店などは良い例で、番組で取り上げられている時間帯などは、ホームページなどがあ
るようなところでは、あまりにもアクセスが集中しすぎて表示が出来ない状態にもなるこ
ともあります。
テレビを見ている人が、放送されているお店の詳細を知りたいと思い、多くの方がアクセ
スをすることでサーバーがパンクしてしまうわけです。

こういった効果を狙うために、わざと変わったメニューを考案するところもあるようです。
メディアからの取材をして貰いやすくなるということを狙ったものです。
当然オープンの前にプレオープンなどでメディアに解放するという手法をとるところもあ
ります。
これは広告 費用対効果がものすごく高いことを知っているからですね。

お金をかけた効果よりも高いというのは想像しやすいのではないでしょうか。

チラシ広告 費用対効果を正確に知ることは難しいのですが、それでもある程度の効果を
測定していかないと良い物は出来ません。
効果があってこその宣伝というものです。

ですからかけた費用に対してどの程度の効果があったのか測定していくことで、改善した
りすることも出来るのです。
何でもそうですが改善していかないと、最終的には駄目になってしまいます。

大ヒットを記録するような商品であっても、時代とともに古いものになりますから、機能
などを改善した新しい製品をリリースしますよね。
昔は人気のあったお店が廃業に追い込まれたという事例も多数ありますから、今の現状で
満足していたら、いずれ売上減少や廃業することにもなりかねません。

もちろん個々の仕事でも少しずつ改善することは大事ですよね。
ビジネスの世界ではPDCAサイクルなどを使って、業務改善をしていくことも大事だと
よく言われますよね。
これはチラシでも同じことです。
広告 費用対効果を考えて、チラシもPDCAサイクルを使って改善していくことも必要
だということですね。

その為に何が駄目なのかを抽出することが大事なのです。
改善点を正確に見つけていくことはチラシの場合は困難ですが、ある程度見込みで改善し
ていくことも必要かもしれませんね。

広告 費用対効果というのは当然広告を出す以上考えていますよね。
どれだけの費用をかけて、どれだけの効果があったかということはお金を出す以上気にな
る部分になってきます。

もちろん費用をかけたから必ず効果があらわれるという訳ではありませんので、質を上げ
ていくことが重要になってきますよね。
質というのはチラシで言えば文章であったり写真、イラストなどになってきます。
また、他の媒体でもどれだけインパクトが与えられるかなども重要になると思います。

例えば最近多くなってきたネット広告で言えば、どれだけその広告から自分のところのホ
ームページ誘導できるかなども重要になりますから、文章ひとつひとつに気を配る必要が
出てきます。
もちろん文章だけの広告ではなく、画像などでもその画像にどんなものを書くのかなども
重要な要素ですよね。

また、誘導できたとしても、そこから成約できなければ意味がありませんのでホームペー
ジの内容や配置なども重要になってきます。
これは実際にチラシで集客出来ても、お店が売れる作りになっていないという場合と同じ
意味合いを持つと思います。
広告だけでは駄目だということでもありますね。

チラシにしてもネット広告にしても、最終的に売れてこその広告 費用対効果ですからね。

広告 費用対効果を考えるとなると通常のチラシなどでは正確な効果というのは測れません。
クーポンなどをつけて回収率などで広告 費用対効果を測るなど工夫が必要になってきます。

どれだけの効果があったのかを検証せずに、ただ単に広告だけを出しておけば良いという
考え方はもしかしたらただ単に広告費用だけがかかっているだけで、まったく効果が出て
いないということもありえますので危険ですね。
本来は広告を出して来店してくれる人にはリピーターになって貰えるような施策も考えて
いくことが大事です。

そういう意味で多くのお店がポイントカードなどを導入していたりしますが、実際にはポ
イントカードというのは昔から使われていて、今では多くのお店が利用しているせいもあ
って、財布の中に入りきらないほど持っている場合があり、効果は薄れてきてしまっています。

もちろん他のお店でも使えるなどの汎用性のあるポイントカードだと、また違ってきます
が独自に作っている物だと現在は難しいかもしれませんね。

面白い試みとしてはメール会員を募集するという方法があります。
これは、直接メールでお得な情報を届けられるようになり、リアルタイムで宣伝が出来ます。

チラシなどとともに複合的に使うことで、多くのメール会員などを獲得できるかもしれませんよ。

広告 費用対効果を考えた場合に、費用に対してどれだけの効果が生まれたのかが大事に
なってきますが、広告制作に関して使った時間なども考える必要があります。

もし、自分の仕事のウェイトが広告制作にかなりの時間を費やして、他の仕事が疎かにな
っているとしたら、広告 費用対効果の中には貴方の仕事のぶんも含めて考えることが必
要になってきます。
逆に仕事のウェイトが低く、効果があがっていないのだとしたら、もう少し広告制作に関
して力や時間を割く必要があります。

宣伝をするときに、その商品の良い点、悪い点など把握しているのは、やはり広告を打つ
人ですから、代理店などに任せてしまうよりも、もっと良い物が作れますし、もしも広告
を入れるエリアなどを選定する場合なども、広告代理店よりもお店や会社の近くで入れる
としたら、詳しいはずです。

半径○kmエリアで新聞折込をするという、誰でも考えるようなエリアを決めるのではな
く、ここからこっち側は、線路がある、川があるなどで顧客として来店しにくいと考えた
りすることも地元の人間であれば考えられると思います。
実際のその周辺で行動している人が一番詳しく知っているということですね。
少しウェイトを増やしてみるというのも検討してみてください。

広告 費用対効果を広告代理店任せにしている会社も多いのではないでしょうか。
もちろんそこにこちら側の売上の推移などの情報提供はあるものの、その改善をどう行っ
ていくのかということを任せてしまい、結果それほど効果が上がらないということで広告
費を削減したりなどもあるかと思います。

実際に広告代理店というのは、当たり前ですが広告の仕事をいかに効率良くとってきて、
利益をだせるかというのも、仕事のひとつです。
ですから、ただ単に広告代理店にすべてを一任してしまうと、他の会社からの仕事にウェ
イトを持っていかれることがあります。

少し考えてみて下さい。
もし、あなたが顧客から毎日とは言わなくとも連絡が来て、顧客が求める結果であったり
その途中経過を報告するように求められた場合と、簡単にすべてお任せしますと言われた
顧客がいた場合というのは、仕事で割く時間というのはどちらにウェイトが高くなるでし
ょうか。

もちろん連絡が来る方に仕事のウェイトが傾いてしまいますよね。
任された仕事のほうは、ある程度時間に余裕が出来てからやろうと思ってしまうと思います。
広告代理店も人が仕事をするわけですから、どうしても物言わぬ顧客というのは後回しに
なってしまことがあります。

広告 費用対効果をあげたいと考えたら、自分も改善策を考えつつ物を言う顧客にならな
いと駄目かもしれませんよ。

広告 費用対効果をあげるには、コストをさげる、効果をあげるためにデザインを変える、
配布方法を変える、配布エリアを変えるなどがあります。

すべてをすこしずつ行いながら、それで効果がどうだったかを見ていくことも大事です。
一回でこれが効果が出る方法だと決めるのは難しいというのが広告 費用対効果です。
何度も試行錯誤を行っていくことが大事なことだと思います。

コスト削減とデザインなど中身を良くするということは相反していますが、そこは安く印
刷してくれるところなどを探してコストを削減して、デザインや中身の文章などはきっち
りと考えることが一番効果はあがると思います。

例えば文章もプロにお願いするとまったく印象の違うものが出来上がります。
それなりに文章のプロにお願いすると結構良い値段がしますが、素人が考えたものと比べ
るとまったく印象が異なってきます。
コスト削減とは反対ですが、一度文章をプロに依頼して効果を見てみるのも良いかもしれ
ません。

これはデザインについても同じことが言えます。
文章のプロ、デザインのプロにお願いして一度効果を見てみるのも違いがわかるかもしれ
ません。
コストのことを考えず、一度こういうプロにお願いしてみてはどうでしょうか。

広告 費用対効果を考えた時にかけた費用に対してどれだけ効果があったかということで
すが、効果というのはその場限りではないということも考えておきましょう。
広告を見てお店に行ってみたいと考えたものの、どうしても仕事が忙しくて行けない場合
もあるでしょう。

仕事だけではなく、人にはそれぞれ都合というものがあります。
都合があわなければ、また今度行こうということになります。
ですから、チラシの対象期間が終わってから来店する人もいるわけです。
その人は本来はチラシの効果で来店した人なのですが、お店側からしたらチラシの対象期
間が終わってから来店しているのでチラシ効果とは考えませんよね。
そういう目に見えてない効果もあることを忘れてはいけません。

ただし、実際に効果を測るとなったらそういう見えない部分は測りようもないのが現実です。
そのために昨年度対比などが必要になってきます。
昨年もチラシを配布したのであれば、昨年度と比べてチラシ対象期間の後の売上を比べた
りすることでどれだけ客数が増えているかなどを測定するわけです。
その場、その場だけの効果を見るのではなく、過去と比較してどうだったのかというのが
大事になってくるのです。
広告 費用対効果は過去のデータも大事だということですね.

広告 費用対効果を考えた時に、広告の中身の質をあげていくことが必要になってきます。

広告の中身を考えた時にいろいろな手法がありますが、好感を持って貰うためには購入し
てくれそうな人の共感を得る必要があります。
人は同じような人に好感を持つ傾向があります。

例えば同郷の人とはすぐに打ち解けたりしませんか。
年齢が同じという共通点だけでも仲良くなったりもするものです。
どこかに共通点を見出すことで、初対面の人でも打ち解けることができるわけですね。
それは共通点があることで好感を持つからです。
もちろん共通点は年齢や同郷と言う以外にもいろいろありますよね。
趣味であったり、体験談であったり様々な部分で共通点を探せば何かしら出てくるものです。

例えば悩みを解決するような商品を販売しようと思ったら、自分もこんな悩みがあったこ
とを書いてあげることで、同じ悩みを持っている人から共感を得ることが出来ます。
ただ単にこういう悩みを解決する商品ということをアピールするだけでは、共通点という
点では共感は得られませんね。
やはり自分も悩んでいた体験などを掲載することで効果が出ます。

こういった共通点を見出す方法で広告 費用対効果をあげてみてはどうでしょうか。