広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告の費用対効果を一番分かりやすいのがインターネットを使った広告だと思います。
インターネットの場合はクリックされた回数と売れた件数で効果が分かります。
またインターネットの場合はデータ化されていますから、例えばホームページを訪れた人
がどこの県の人であるかということも設定をしていれば簡単に把握することが出来ます。
また、インターネットの広告の種類にもよりますが、中には一定の県だけに表示させると
いうことも出来るのです。

例えばお店は大阪にあるので大阪府の人のパソコン画面にしか広告がでないようにするこ
とも出来るのです。
逆に言えば、日本だけでなく世界中の人のパソコンに表示させることも出来ます。
世界を相手に商売することも可能なのです。
インターネットをつかた産業は日本国内だけでも自動車産業をも超えている状況なのです。

ですから紙触体とした広告は地域に根差した宣伝を行い、インターネットでの広告はより
広くの宣伝で使うということです。
もちろん情報発信がすぐに出来るという点では、紙触体とインターネットをコラボして使
うことが大事になってきます。
広告の費用対効果のおかげでインターネットの世界では現実には小さい店舗でも相当な
売上をあげているお店もあるのです。