広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

これまで数回に渡ってマス媒体の費用対効果について考察してきました。そして今回ご紹介する広告の費用対効果考察はインターネット広告の費用対効果です。

インターネット広告は、バナー広告、リスティング広告、PPC広告、アフィリエイトシステムと数々の種類がありますが、その特徴はなんといっても費用対効果がきちんと把握できるということです。インターネット広告はその歴史の最初から費用対効果がわかるということが最大の特徴としてありました。

[インターネット広告の費用対効果]
インターネット以前の広告全般が費用については明確な基準があったのに対して、効果については明確な指標を用意できないまま発展してきました。それに対してインターネット広告はスタート時点から、広告の費用対効果を明確にして始まったという違いがあります。

もっとも顕著な例が『PPC広告』と呼ばれるものです。

[PPC広告の費用対効果]
PPCとは”Pay Per Click”の略で、日本語ではクリック課金型広告とも呼ばれます。バナーなり、テキスト広告がユーザーにクリックされることで初めて料金が発生するという広告ですから、広告を表示されただけでは料金は発生しません。インターネット以外の広告媒体の料金体系が広告表示(広告枠のスペース)を購入するというのが基本であったということからすると大きな違いです。

それ故、費用対効果の関係が明白であるため、広告主は広告の”無駄打ち”というリスクを回避できるというメリットを享受できるという特徴があるのです。