広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告 費用対効果というのは完全に数値化することは難しいと思います。
例えばネット上の広告などの場合には表示した回数やクリックされた回数など技術的には
知ることが可能ですから、数値化することも容易に出来ます。

チラシなどの場合にどれだけの反応があったのかを調べるのは、チラシを見て来店したの
かどうかを確実にしるすべが少ないですから難しいですよね。
なんらかのクーポンを付けてクーポンの回収率で測るなどもありますが、クーポンなどの
割引で効果をあげていくのは、毎回などは使えませんよね。

毎回クーポンばかりを使っていると、このお店はクーポンが出るまで待とうなどになって
しまいますから割引をしないと売れないお店になってしまう可能性があります。
なかなか難しい問題ですよね。

リアルにお店があるところというのは、なかなかネットなどの宣伝よりもチラシのほうが
効果があったりしますから、ネットで広告を打つというのも現実的ではありません。
ですからチラシに頼るわけですが、広告 費用対効果を調べるために広告を出したときと
出す前の売上の動きなども調べることが大事です。

ネットと比べると面倒かもしれませんが、そういったことを行っていくことが大事なのです。