広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告 費用対効果が悪ければ今後は広告を使うことを躊躇することでしょう。
広告費用をかけても効果がないのであればそう思うのも無理はありませんよね。

しかし実際問題としては、なんらかでも宣伝はしていかなければ売上アップには繋がりま
せんし、逆に売上が下降線をたどるということもあります。
そうなれば最終的にお店をしめなければならないなども出てきてしまいます。

皆さんはどれだけ一発屋と言われたような芸人さんをあげることができますか?
こう言われれば思い出そうとして何人かはあげることができますよね。
しかし、まったくそんなことも言われなければ久々にテレビで見たなどが無い限りは思い
出すこともないでしょう。
これをお店に当てはめて考えてみると分かりやすいと思いますが、人間は一度行ったこと
があるお店であっても簡単に忘れてしまうものです。

ですから広告というのは思い出して貰うために重要なのです。
久々にテレビに出たというのは立派な宣伝になっていますよね。
思い出して貰えたわけですからね。

広告 費用対効果が悪かったというだけですべての広告を辞めるということは、非常に危
険なことでもあるのです。
費用対効果をあげていく努力をすることが大事なのです。