広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告 費用対効果というのはかけた費用に対して効果はどの程度あったのかということを
測定することが大事ですが、もちろん広告を出すということはある程度効果を検証してい
ると思います。

この効果をはかるときには様々な要素を考えることが必要です。
例えば配布した曜日なども効果が出てるのか違いが出てくると思います。
小売業などの場合には忙しいのは週末になると思います。
そういう場合に効果があがるのは当然週末に配布するほうが効果があがります。

忙しいというのは、それだけ人が訪れやすい日でもありますからチラシなどを入れること
によって、行ってみようとう人が増えるわけですね。
逆に言えば忙しくない曜日というのは、必然的に訪れにくい日となりますから、広告を使
っても効果は限定的になってしまうということがあります。

広告 費用対効果をあげるためには必然的に忙しいときに広告う配布するということにな
るということですね。

限定的でも少しは効果があればいいのですが、中にはほとんど効果が無かったということ
にもなり兼ねませんので、訪れにくい日に広告を打つのはある意味、無駄になってしまう
こともあるのを憶えておきましょう。
できるだけ効果を上げたいのであれば、そういったことも考えることが必要ですね。