広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告 費用対効果というのは、広告を出したことによってどれだけの効果が生み出せたの
かということになりますが、当然ながら広告の費用対効果というのは広告の媒体によって
も変わってきますし、チラシなどであれば配布方法でも影響が変わってきます。

テレビなどに取り上げられると、ものすごい宣伝効果があることはわかりますよね。
当然ですがテレビCMではなく番組として取り上げられた場合はもの凄い反響がくること
があります。

飲食店などは良い例で、番組で取り上げられている時間帯などは、ホームページなどがあ
るようなところでは、あまりにもアクセスが集中しすぎて表示が出来ない状態にもなるこ
ともあります。
テレビを見ている人が、放送されているお店の詳細を知りたいと思い、多くの方がアクセ
スをすることでサーバーがパンクしてしまうわけです。

こういった効果を狙うために、わざと変わったメニューを考案するところもあるようです。
メディアからの取材をして貰いやすくなるということを狙ったものです。
当然オープンの前にプレオープンなどでメディアに解放するという手法をとるところもあ
ります。
これは広告 費用対効果がものすごく高いことを知っているからですね。

お金をかけた効果よりも高いというのは想像しやすいのではないでしょうか。