広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

チラシ広告 費用対効果を正確に知ることは難しいのですが、それでもある程度の効果を
測定していかないと良い物は出来ません。
効果があってこその宣伝というものです。

ですからかけた費用に対してどの程度の効果があったのか測定していくことで、改善した
りすることも出来るのです。
何でもそうですが改善していかないと、最終的には駄目になってしまいます。

大ヒットを記録するような商品であっても、時代とともに古いものになりますから、機能
などを改善した新しい製品をリリースしますよね。
昔は人気のあったお店が廃業に追い込まれたという事例も多数ありますから、今の現状で
満足していたら、いずれ売上減少や廃業することにもなりかねません。

もちろん個々の仕事でも少しずつ改善することは大事ですよね。
ビジネスの世界ではPDCAサイクルなどを使って、業務改善をしていくことも大事だと
よく言われますよね。
これはチラシでも同じことです。
広告 費用対効果を考えて、チラシもPDCAサイクルを使って改善していくことも必要
だということですね。

その為に何が駄目なのかを抽出することが大事なのです。
改善点を正確に見つけていくことはチラシの場合は困難ですが、ある程度見込みで改善し
ていくことも必要かもしれませんね。