広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告 費用対効果を考えるとなると通常のチラシなどでは正確な効果というのは測れません。
クーポンなどをつけて回収率などで広告 費用対効果を測るなど工夫が必要になってきます。

どれだけの効果があったのかを検証せずに、ただ単に広告だけを出しておけば良いという
考え方はもしかしたらただ単に広告費用だけがかかっているだけで、まったく効果が出て
いないということもありえますので危険ですね。
本来は広告を出して来店してくれる人にはリピーターになって貰えるような施策も考えて
いくことが大事です。

そういう意味で多くのお店がポイントカードなどを導入していたりしますが、実際にはポ
イントカードというのは昔から使われていて、今では多くのお店が利用しているせいもあ
って、財布の中に入りきらないほど持っている場合があり、効果は薄れてきてしまっています。

もちろん他のお店でも使えるなどの汎用性のあるポイントカードだと、また違ってきます
が独自に作っている物だと現在は難しいかもしれませんね。

面白い試みとしてはメール会員を募集するという方法があります。
これは、直接メールでお得な情報を届けられるようになり、リアルタイムで宣伝が出来ます。

チラシなどとともに複合的に使うことで、多くのメール会員などを獲得できるかもしれませんよ。