広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告 費用対効果を考えた場合に、費用に対してどれだけの効果が生まれたのかが大事に
なってきますが、広告制作に関して使った時間なども考える必要があります。

もし、自分の仕事のウェイトが広告制作にかなりの時間を費やして、他の仕事が疎かにな
っているとしたら、広告 費用対効果の中には貴方の仕事のぶんも含めて考えることが必
要になってきます。
逆に仕事のウェイトが低く、効果があがっていないのだとしたら、もう少し広告制作に関
して力や時間を割く必要があります。

宣伝をするときに、その商品の良い点、悪い点など把握しているのは、やはり広告を打つ
人ですから、代理店などに任せてしまうよりも、もっと良い物が作れますし、もしも広告
を入れるエリアなどを選定する場合なども、広告代理店よりもお店や会社の近くで入れる
としたら、詳しいはずです。

半径○kmエリアで新聞折込をするという、誰でも考えるようなエリアを決めるのではな
く、ここからこっち側は、線路がある、川があるなどで顧客として来店しにくいと考えた
りすることも地元の人間であれば考えられると思います。
実際のその周辺で行動している人が一番詳しく知っているということですね。
少しウェイトを増やしてみるというのも検討してみてください。