広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告 費用対効果を広告代理店任せにしている会社も多いのではないでしょうか。
もちろんそこにこちら側の売上の推移などの情報提供はあるものの、その改善をどう行っ
ていくのかということを任せてしまい、結果それほど効果が上がらないということで広告
費を削減したりなどもあるかと思います。

実際に広告代理店というのは、当たり前ですが広告の仕事をいかに効率良くとってきて、
利益をだせるかというのも、仕事のひとつです。
ですから、ただ単に広告代理店にすべてを一任してしまうと、他の会社からの仕事にウェ
イトを持っていかれることがあります。

少し考えてみて下さい。
もし、あなたが顧客から毎日とは言わなくとも連絡が来て、顧客が求める結果であったり
その途中経過を報告するように求められた場合と、簡単にすべてお任せしますと言われた
顧客がいた場合というのは、仕事で割く時間というのはどちらにウェイトが高くなるでし
ょうか。

もちろん連絡が来る方に仕事のウェイトが傾いてしまいますよね。
任された仕事のほうは、ある程度時間に余裕が出来てからやろうと思ってしまうと思います。
広告代理店も人が仕事をするわけですから、どうしても物言わぬ顧客というのは後回しに
なってしまことがあります。

広告 費用対効果をあげたいと考えたら、自分も改善策を考えつつ物を言う顧客にならな
いと駄目かもしれませんよ。