広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告 費用対効果を考えた時にかけた費用に対してどれだけ効果があったかということで
すが、効果というのはその場限りではないということも考えておきましょう。
広告を見てお店に行ってみたいと考えたものの、どうしても仕事が忙しくて行けない場合
もあるでしょう。

仕事だけではなく、人にはそれぞれ都合というものがあります。
都合があわなければ、また今度行こうということになります。
ですから、チラシの対象期間が終わってから来店する人もいるわけです。
その人は本来はチラシの効果で来店した人なのですが、お店側からしたらチラシの対象期
間が終わってから来店しているのでチラシ効果とは考えませんよね。
そういう目に見えてない効果もあることを忘れてはいけません。

ただし、実際に効果を測るとなったらそういう見えない部分は測りようもないのが現実です。
そのために昨年度対比などが必要になってきます。
昨年もチラシを配布したのであれば、昨年度と比べてチラシ対象期間の後の売上を比べた
りすることでどれだけ客数が増えているかなどを測定するわけです。
その場、その場だけの効果を見るのではなく、過去と比較してどうだったのかというのが
大事になってくるのです。
広告 費用対効果は過去のデータも大事だということですね.