広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告 費用対効果を考えた時に、広告の中身の質をあげていくことが必要になってきます。

広告の中身を考えた時にいろいろな手法がありますが、好感を持って貰うためには購入し
てくれそうな人の共感を得る必要があります。
人は同じような人に好感を持つ傾向があります。

例えば同郷の人とはすぐに打ち解けたりしませんか。
年齢が同じという共通点だけでも仲良くなったりもするものです。
どこかに共通点を見出すことで、初対面の人でも打ち解けることができるわけですね。
それは共通点があることで好感を持つからです。
もちろん共通点は年齢や同郷と言う以外にもいろいろありますよね。
趣味であったり、体験談であったり様々な部分で共通点を探せば何かしら出てくるものです。

例えば悩みを解決するような商品を販売しようと思ったら、自分もこんな悩みがあったこ
とを書いてあげることで、同じ悩みを持っている人から共感を得ることが出来ます。
ただ単にこういう悩みを解決する商品ということをアピールするだけでは、共通点という
点では共感は得られませんね。
やはり自分も悩んでいた体験などを掲載することで効果が出ます。

こういった共通点を見出す方法で広告 費用対効果をあげてみてはどうでしょうか。