広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告で費用対効果を考える場合、どうしてもかけた費用よりも売り上げが多くなることが
大事であることから、かけるべき費用を削ってしまうということがあります。
広告の効果は知らない人に認知してもらうことが重要であるのに、広告の費用を削ってい
くと最終的には部数を減らすということに繋がって行きます。

もちろんそれが、データに裏打ちされてエリアの選定がうまくいった結果、エリアを絞り
部数を減らしたのであれば問題ありませんが、ただ単に経費削減という名目のためだけに
部数を減らしてしまったのでは経費の削減とともに売り上げの減少にも繋がりかねません。
ですから効果を検証していくことが重要なのです。

あらゆる要素がある中で何をその指標として良いのか分からないということがありますが、
それは広告に掲載した商品が、どのように広告を入れたことによって変動したのかなどで
も測ることが出来ます。
広告と商品を紐づけて考えるわけです。

もちろん広告を入れない場合の数量も把握しておく必要があります。
そして客数が増えているのかなども単純な指標になりますよね。
商品の売れた数、客数の増減だけでも効果をはかるべきデータになるわけです。
エリアに関してはお客様がどこから来られているかというのは個人情報を扱うような業種
でなければ難しい部分があります。

ですから毎回配布エリアを少し変えてみることでなども必要になってきますね。
このようにあらゆる要素を考えながら広告の費用対効果を検証していくのです。