広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告 費用対効果というのは、広告を出したことによってどれだけの効果が生み出せたの
かということになりますが、当然ながら広告の費用対効果というのは広告の媒体によって
も変わってきますし、チラシなどであれば配布方法でも影響が変わってきます。

テレビなどに取り上げられると、ものすごい宣伝効果があることはわかりますよね。
当然ですがテレビCMではなく番組として取り上げられた場合はもの凄い反響がくること
があります。

飲食店などは良い例で、番組で取り上げられている時間帯などは、ホームページなどがあ
るようなところでは、あまりにもアクセスが集中しすぎて表示が出来ない状態にもなるこ
ともあります。
テレビを見ている人が、放送されているお店の詳細を知りたいと思い、多くの方がアクセ
スをすることでサーバーがパンクしてしまうわけです。

こういった効果を狙うために、わざと変わったメニューを考案するところもあるようです。
メディアからの取材をして貰いやすくなるということを狙ったものです。
当然オープンの前にプレオープンなどでメディアに解放するという手法をとるところもあ
ります。
これは広告 費用対効果がものすごく高いことを知っているからですね。

お金をかけた効果よりも高いというのは想像しやすいのではないでしょうか。

今回は広告の費用対効果としてラジオ広告の費用対効果についてです。

[ラジオ広告の歴史]
まずは日本のラジオ放送の歴史を簡単にご紹介しましょう。NHK(日本放送協会)がラジオ放送をスタートさせたのは大正時代に遡るようです。東京、大阪、名古屋でラジオ放送をスタートさせています。民放局の開局は太平洋戦争後の1951年に東京放送(現在のTBS)、中部日本放送(CBC)、毎日放送(MBS)が放送開始しています。

ラジオ広告は意外にも放送開始以前から準備が始まっていたようです。民間ラジオ放送の先進国であるアメリカを手本に当時の電通、博報堂といった広告会社が民間ラジオ放送開局準備に大きく関わっていたそうです。つまり、民間放送とラジオ広告は双子の兄弟だということですね。

[ラジオ広告の効果]
現在の日本の広告費が6兆円前後、そのうちラジオ広告費が約1500億円ですから、2~3%程度ですね。4マス媒体といいますが、広告費全体に対する割合からすると大きな数字ではありません。

しかし、インターネットが飛躍的に普及し始めた最近になってまた再注目されているメディアなのです。若者が携帯音楽プレーヤーで音楽を聴く生活スタイルが一般化する中、ラジオ番組を音楽プレーヤーに入れて聴くスタイル(ポッドキャスティング)が広まりつつあります。

また、クルマでの移動が中心の地方では未だに根強いラジオ愛好家が絶えません。ラジオは日常生活に密着したメディアですから、ラジオ広告はライフスタイルに合わせた展開を心がけることによって費用対効果の高い広告媒体といえるでしょう。

今回は新聞広告の費用対効果について考えてみましょう。
(※ ここでいう新聞広告とは、新聞紙面の下に掲載されている広告のことです。朝刊に折り込まれるチラシ広告はまた別の機会に触れるとしましょう)

新聞広告の購入方法は比較的簡単です。新聞社のホームページに紙面の料金表が載っています。一面広告なら幾ら、全5段なら幾ら、カラーなら幾ら増しなど詳細に載っています。料金表の見方を少し勉強すれば誰でも電卓一つで新聞広告の費用を計算することが出来ます。

[新聞広告の費用対効果とは?]
新聞広告の特徴は新聞の広告媒体としての特徴を知ることから始めましょう。新聞、テレビ、ラジオ、雑誌という所謂マス媒体と呼ばれる広告媒体の中で情報の信頼度が一番高いのが新聞です。情報の信頼度が高いと考えられているということは、紙面に載せる広告の信用度も高いと感じてもらえる効果があります。

新聞の社会面やスポーツ面は毎朝チェックする生活習慣を持つ読者も少なくなく、目にしてもらえる可能性が高いという効果も期待できます。また、テレビ広告やラジオ広告と違って、必ず家に配達されるという安心感も効果の一つです。

ここまで効果の面をご紹介しましたが、デメリットも当然あります。

テレビ広告と違って、音や動きはありません。また、毎日新聞は配達されますから1回の広告の持続性は低くなります。1日経てばもう2度と目に触れない可能性のほうが高くなります。