広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

広告 費用対効果というのは当然広告を出す以上考えていますよね。
どれだけの費用をかけて、どれだけの効果があったかということはお金を出す以上気にな
る部分になってきます。

もちろん費用をかけたから必ず効果があらわれるという訳ではありませんので、質を上げ
ていくことが重要になってきますよね。
質というのはチラシで言えば文章であったり写真、イラストなどになってきます。
また、他の媒体でもどれだけインパクトが与えられるかなども重要になると思います。

例えば最近多くなってきたネット広告で言えば、どれだけその広告から自分のところのホ
ームページ誘導できるかなども重要になりますから、文章ひとつひとつに気を配る必要が
出てきます。
もちろん文章だけの広告ではなく、画像などでもその画像にどんなものを書くのかなども
重要な要素ですよね。

また、誘導できたとしても、そこから成約できなければ意味がありませんのでホームペー
ジの内容や配置なども重要になってきます。
これは実際にチラシで集客出来ても、お店が売れる作りになっていないという場合と同じ
意味合いを持つと思います。
広告だけでは駄目だということでもありますね。

チラシにしてもネット広告にしても、最終的に売れてこその広告 費用対効果ですからね。

広告 費用対効果を考えた場合に、費用に対してどれだけの効果が生まれたのかが大事に
なってきますが、広告制作に関して使った時間なども考える必要があります。

もし、自分の仕事のウェイトが広告制作にかなりの時間を費やして、他の仕事が疎かにな
っているとしたら、広告 費用対効果の中には貴方の仕事のぶんも含めて考えることが必
要になってきます。
逆に仕事のウェイトが低く、効果があがっていないのだとしたら、もう少し広告制作に関
して力や時間を割く必要があります。

宣伝をするときに、その商品の良い点、悪い点など把握しているのは、やはり広告を打つ
人ですから、代理店などに任せてしまうよりも、もっと良い物が作れますし、もしも広告
を入れるエリアなどを選定する場合なども、広告代理店よりもお店や会社の近くで入れる
としたら、詳しいはずです。

半径○kmエリアで新聞折込をするという、誰でも考えるようなエリアを決めるのではな
く、ここからこっち側は、線路がある、川があるなどで顧客として来店しにくいと考えた
りすることも地元の人間であれば考えられると思います。
実際のその周辺で行動している人が一番詳しく知っているということですね。
少しウェイトを増やしてみるというのも検討してみてください。

広告 費用対効果を広告代理店任せにしている会社も多いのではないでしょうか。
もちろんそこにこちら側の売上の推移などの情報提供はあるものの、その改善をどう行っ
ていくのかということを任せてしまい、結果それほど効果が上がらないということで広告
費を削減したりなどもあるかと思います。

実際に広告代理店というのは、当たり前ですが広告の仕事をいかに効率良くとってきて、
利益をだせるかというのも、仕事のひとつです。
ですから、ただ単に広告代理店にすべてを一任してしまうと、他の会社からの仕事にウェ
イトを持っていかれることがあります。

少し考えてみて下さい。
もし、あなたが顧客から毎日とは言わなくとも連絡が来て、顧客が求める結果であったり
その途中経過を報告するように求められた場合と、簡単にすべてお任せしますと言われた
顧客がいた場合というのは、仕事で割く時間というのはどちらにウェイトが高くなるでし
ょうか。

もちろん連絡が来る方に仕事のウェイトが傾いてしまいますよね。
任された仕事のほうは、ある程度時間に余裕が出来てからやろうと思ってしまうと思います。
広告代理店も人が仕事をするわけですから、どうしても物言わぬ顧客というのは後回しに
なってしまことがあります。

広告 費用対効果をあげたいと考えたら、自分も改善策を考えつつ物を言う顧客にならな
いと駄目かもしれませんよ。

広告 費用対効果を考えた時にかけた費用に対してどれだけ効果があったかということで
すが、効果というのはその場限りではないということも考えておきましょう。
広告を見てお店に行ってみたいと考えたものの、どうしても仕事が忙しくて行けない場合
もあるでしょう。

仕事だけではなく、人にはそれぞれ都合というものがあります。
都合があわなければ、また今度行こうということになります。
ですから、チラシの対象期間が終わってから来店する人もいるわけです。
その人は本来はチラシの効果で来店した人なのですが、お店側からしたらチラシの対象期
間が終わってから来店しているのでチラシ効果とは考えませんよね。
そういう目に見えてない効果もあることを忘れてはいけません。

ただし、実際に効果を測るとなったらそういう見えない部分は測りようもないのが現実です。
そのために昨年度対比などが必要になってきます。
昨年もチラシを配布したのであれば、昨年度と比べてチラシ対象期間の後の売上を比べた
りすることでどれだけ客数が増えているかなどを測定するわけです。
その場、その場だけの効果を見るのではなく、過去と比較してどうだったのかというのが
大事になってくるのです。
広告 費用対効果は過去のデータも大事だということですね.

広告 費用対効果は継続してチラシを出したりすることで、改善していくことが可能にな
ります。

この効果が高くなるということは、前回も書いたように認知度、知名度もあがってきてい
るということにもなります。
この知名度をあげるという効果は、何もチラシを何回も出し続けるというだけではなく、
それ以外でも効果を上げることは出来ます。

よく地元には何店舗もあって、全国でも有名なチェーン店だと思っていたら、引っ越しし
た先ではまったく店舗もなく、他の人も知らないといったことがあります。
それは地元に何店舗も作ることで地域での知名度があがることによって、全国にもあるん
だろうと錯覚してしまうわけです。

戦略的にそういった方法を行っている店舗は数多くありますよね。
飲食店やスーパーなど地域に何店舗も出しているところは結構あります。
知名度があるということは信頼感も生みやすくなりますから、売り上げがあがる効果も期
待できるわけです。

もちろん、何店舗も出店できるお金が必要になりますので、誰もが出来るというわけでは
ありません。
広告 費用対効果をあげていく方が、はるかに少ない金額で行うことが出来ます。

まずはチラシなどで効果をあげて、いずれは多店舗展開なども考えるようになれば良いで
すよね。

広告の費用対効果を考えながら広告チラシは継続して出すことが必要なことですが、継続して行うということはその効果を
高めていく努力も必要なことです。

意外とこういった努力をしていないところが多くあります。

小さいお店に限ってはチラシや広告を出すだけの余力がないということもあって、まったく宣伝すら行わないところも
あります。

そうなるとジリ貧になるところも多く、年間に潰れていくお店が多いというのはこういったところにも原因があるのです。

そしてただ単に広告を出しているだけというところも多くあり、せっかくチラシを出しているのに思ったような
効果が出せないなんてこともあるのです。

広告 費用対効果を考えなければならないことは再三書いていますが、新年になったということもあり、
もう一度考えてみましょう。

毎回同じチラシを作って、同じように、同じ場所に配布しているだけでは現状維持になってしまいます。

いろいろ工夫が必要であり、工夫した結果、どうなったかを確認して改善点があれば改善していくことが大事なのです。

前回と変えてどう売上や客数がどう変わったか、それを考えて次回はどう変えていくのかということをチラシを
出す際にはいろいろ考えて新年はスタートしてみてはいかがでしょうか。

広告で費用対効果を考える場合、どうしてもかけた費用よりも売り上げが多くなることが
大事であることから、かけるべき費用を削ってしまうということがあります。
広告の効果は知らない人に認知してもらうことが重要であるのに、広告の費用を削ってい
くと最終的には部数を減らすということに繋がって行きます。

もちろんそれが、データに裏打ちされてエリアの選定がうまくいった結果、エリアを絞り
部数を減らしたのであれば問題ありませんが、ただ単に経費削減という名目のためだけに
部数を減らしてしまったのでは経費の削減とともに売り上げの減少にも繋がりかねません。
ですから効果を検証していくことが重要なのです。

あらゆる要素がある中で何をその指標として良いのか分からないということがありますが、
それは広告に掲載した商品が、どのように広告を入れたことによって変動したのかなどで
も測ることが出来ます。
広告と商品を紐づけて考えるわけです。

もちろん広告を入れない場合の数量も把握しておく必要があります。
そして客数が増えているのかなども単純な指標になりますよね。
商品の売れた数、客数の増減だけでも効果をはかるべきデータになるわけです。
エリアに関してはお客様がどこから来られているかというのは個人情報を扱うような業種
でなければ難しい部分があります。

ですから毎回配布エリアを少し変えてみることでなども必要になってきますね。
このようにあらゆる要素を考えながら広告の費用対効果を検証していくのです。

広告の費用対効果を前回書いた認知度アップの例でピザ屋さんの例を書きましたが、私もつい先日、なんとなく
ピザが食べたい気分だったときに、ポストにピザのチラシが入っていたので、頼んでしまいました(笑)

まんまとピザ屋さんの戦略にはまったわけですね(笑)

もちろん食べたいと思った時に、運よく私の家のポストに入っていたことでそこに頼みました。

実は競合他社のチラシも以前に入っていたのをとっておいてあるのですが、そのたまたま運よくということで、
そちらのピザ屋さんに決めました。

さて、広告の費用対効果からは少し脱線してしまいましたね。

以前にインターネットの費用対効果について書きましたが、インターネットの場合は情報が簡単に集計できるので
細かい分析が出来るということで非常に効果をみるのに有効な広告だと言えますね。

これが実際の店舗で広告はチラシとなると、その効果をはかるのは結構大変だったりします。

なぜなら誰がどこから何を見てきたかという情報源がないために、チラシの効果で来客しているか判断が
つかないからです。

チラシの効果で来客が増えたのかは、同じ曜日などの来客数と比較する必要がありますが
これも正確な数字とは言えませんよね。

天候などによっても来客は左右されるものですからね。

広告の費用対効果を考えると、単純に広告を10万円かけたら通常よりも10万円以上の利益を得ることが出来れば効果が
あったとされます。

これが100万円かけて120万円の利益があったら100万円かけたほうが効果があったとされます。

これは単純な話になりますが、得てしてチラシを出すときはこういった単純な思考で考える人も多く、いくらお金を使ったから
それ以上の利益が出ないと効果が無かったとして、その広告を辞めてしまうことが多々あります。

もちろんお金を使ったいじょうは回収したいと考えるでしょうし、その効果がどれほどあったかも考える必要があります。

しかし広告の効果は認知されるという効果も含まれているため、自店の認知度アップということにもなるのです。

もちろん最終的に購買に繋がらなければ意味はありませんが、その効果がすぐにあらわれる訳ではないこともあるのです。

ピザの広告が入っていたとしても、その時にピザを食べたいと思っていない人は購買に結びつくことはありませんよね。

しかしピザが注文できるということは認知されますよね。

ということは、いずれ食べたくなった時に注文が入るかもしれません。

このようにすぐに結びつ広告の費用対効果だけではないということも考えなければなりません。

広告の費用対効果をはかるときには、すぐに効果をはかることが難しい場合があります。

それは広告を出した効果で集客できているのかを、完全に把握することが難しいということがあります。

業種によっては効果をはかることがそれなりに簡単に行えるものもあります。

例えばフィットネスクラブのような会員制のところは、大抵訪れる時は見学に行くか、おためし体験をしに行くかということに
なるので、アンケートなどを準備しておくことで可能になります。

もちろんほとんどのフィットネスクラブでは、そういったアンケートが用意されていて、見学であれば見学した後などに、
クラブの内容説明時などにアンケートを書かされることが多くあります。

その中に何で知ったか?
というような項目を設けておけば、簡単に把握できるというわけです。

しかしこれが小売業になると難しいわけですね。

それは一人一人にアンケートをするわけにもいかないから、広告の効果か分からないということがあります。

先週と同じ曜日に比べてどれだけ増えたかなど集客人数で考える必要があります。

購入してくれた方の人数などで集客を考えることが必要ですね。

これも毎回広告を出すたびに検証することが大事です。

どんな施策を行ったかなども含めて資料として取っておきましょう。