広告の費用対効果とは?

広告は費用対効果がポイントです

今回は新聞広告の費用対効果について考えてみましょう。
(※ ここでいう新聞広告とは、新聞紙面の下に掲載されている広告のことです。朝刊に折り込まれるチラシ広告はまた別の機会に触れるとしましょう)

新聞広告の購入方法は比較的簡単です。新聞社のホームページに紙面の料金表が載っています。一面広告なら幾ら、全5段なら幾ら、カラーなら幾ら増しなど詳細に載っています。料金表の見方を少し勉強すれば誰でも電卓一つで新聞広告の費用を計算することが出来ます。

[新聞広告の費用対効果とは?]
新聞広告の特徴は新聞の広告媒体としての特徴を知ることから始めましょう。新聞、テレビ、ラジオ、雑誌という所謂マス媒体と呼ばれる広告媒体の中で情報の信頼度が一番高いのが新聞です。情報の信頼度が高いと考えられているということは、紙面に載せる広告の信用度も高いと感じてもらえる効果があります。

新聞の社会面やスポーツ面は毎朝チェックする生活習慣を持つ読者も少なくなく、目にしてもらえる可能性が高いという効果も期待できます。また、テレビ広告やラジオ広告と違って、必ず家に配達されるという安心感も効果の一つです。

ここまで効果の面をご紹介しましたが、デメリットも当然あります。

テレビ広告と違って、音や動きはありません。また、毎日新聞は配達されますから1回の広告の持続性は低くなります。1日経てばもう2度と目に触れない可能性のほうが高くなります。